スピーチコンテスト
2月15日(水)

  2月15日(水),恒例の1年生のスピーチコンテストを行いました。
  このスピーチコンテストは,自分の夢や将来の進路,家族やクラスなどについて英語でスピーチして競うというもので,各クラスから2名ずつの代表16名がスピーチに挑みます(今年は当日1名欠席で15名でした)。
  コンテストが始まると,各クラスの代表は見事な発音で,身振り手振りも交えて素晴らしいスピーチを披露してくれました。スピーチ終了後,審査員(今年は特別ゲストとして広島工業大学の三熊祥文教授をお招きしました)による厳正な審査の結果,「Japanese People Should Lean English」と題して,日本人が英語を勉強すべきことについてスピーチした1年3組の佐藤彰君が第一位となりました。
  最後に,入賞者への表彰と特別ゲストの三熊祥文教授と本校のALTのアキラ先生による講評が行われて,スピーチコンテストは大成功のうちに終了しました。



最初に校長の挨拶がありました。司会は2名の生徒が担当し,英語で行いました。
15名のスピーチです。
最後に特別ゲストの三熊祥文教授と本校のALTのアキラ先生の講評がありました。

Top Page