全国大会出場者の壮行式を行いました
〜同窓会が応援の横断幕〜

7月20日(水)
  7月20日(水),全国大会出場者の壮行式を行いました。
  今夏,明高から全国大会に出場するのは,インターハイ(2016情熱疾走中国総体)に円盤投げで出場する陸上競技部の郷原有佑悠さん(7月29日〜8月2日,岡山県総合グラウンド陸上競技場),全国総合文化祭(2016ひろしま総文)に出場する書道部の中田七瑚さんと渡辺優那さん(7月30日〜8月3日,広島県立広島産業会館と広島市南区文化センター),同じく2016ひろしま総文に詩吟で出場する国際文化研究部の檀上修作君(8月3日,広島県立文化芸術ホール),全国高等学校合同チームラグビーフットボール大会に中国地区代表チームの一員として参加するラグビー部の森政博志君(7月28日〜7月31日,長野県上田市菅平高原スポーツランド),そして,全国高等学校書道パフォーマンス選手権大会(書道パフォーマンス甲子園)に書道部が中国地区代表として出場します(8月7日,愛媛県四国中央市の伊予三島運動公園体育館)。
  まず,出場者を代表して中田七瑚さんと渡辺優那さんが決意表明を行いました。この力強い決意表明に続いて,生徒会長,最後に校長が出場者を激励する言葉を述べ,壮行式は終了しました。
  なお,今回,同窓会の御厚意で,全国大会出場者を応援する横断幕を作っていただきました。出場者のみなさんには,この同窓会の御厚意と応援に応えるべく,大会での健闘と活躍を期待します。

 


出場者を代表して書道部の中田七瑚さんと渡辺優那さんが決意表明です。
生徒会長と校長が激励の言葉を述べました。 
出場者を応援するため,同窓会に作成していただいた横断幕です。