広島県高等学校総合文化祭書道部門
書道部3名が受賞

11月7日(火)〜12日(日)
  平成29年度広島県高等学校総合文化祭の書道部門で,本校書道部の小畠千明さんと依田祐季さんの2名が最優秀賞,瀧川黎さんが優秀賞を受賞しました。
  今年度の広島県高等学校総合文化祭の書道部門は,11月7日(火)〜12日(日)に広島県立美術館において行われました。この広島総文の書道部門で,明高書道部は今回3名もの受賞者を出す快挙を成し遂げるとともに,最優秀賞を受賞した小畠千明さんと依田祐季さんは,両名そろって来年度長野県で行われる文化部のインターハイ「第42回全国高等学校総合文化祭2018信州総文祭」への出場を決めました。
  明高書道部からは,これで5年連続の全国総文への出場となります。これも大変な快挙です。今年度の全国総文には,明高書道部から森近李加子さんが出場し,素晴らしい作品を出展しました。来年度は,両名が先輩を上回る素晴らしい作品を出展することを期待します。




広島総文で受賞した3名とその受賞作品です。
 
受賞会場の様子です。受賞者3名で記念写真を撮りました。 

Top Page