課題研究発表会
11月1日(水)
  11月1日(水),毎年恒例の3年生の課題研究発表会を2・3年生合同で行いました。
  本校では,3年生は総合的な学習の時間に,自分の進路や興味・関心を持っていることなどからテーマを決め,調査・研究を行いレポートにまとめます。そして,その中から優秀なレポートを10本選んで,毎年発表会を行っています。今年の発表会に選ばれた発表者とそのレポートの題目は以下の通りです(発表順に列挙しています)。
    
    3年8組 渡邉 梨央  「日本語の乱れは無くなるのか」
    3年3組 的場 みどり 「薬を早く吸収させるための工夫」
    3年5組 粟津 浩平  「警察官の殉職者はなぜ多いのか?」
    3年3組 北村 柾人  「日本と欧米におけるTVゲームの違いについて」
    3年5組 小川 未夢   「パッケージデザインがもたらす経済効果」
    3年6組 碇 愛加     「昔より現代のほうが運動能力は低下しているのか」
    3年4組 松本 安代  「飢餓のない世界は実現できるのか」
    3年8組 石大 結梨香 「男子大学生でもできる食生活改善」
    3年7組 永迫 鈴葉  「性格と名前の関係」
    3年3組 建内 悠乃  「朝食の大切さ〜朝食をとらなければ病気になる!?〜」

  昨年から始められたパワーポイントを使っての発表を今年も行い,視覚的に昨年以上の工夫もあって,非常にわかりやすい発表会となりました。内容的にも充実し,今回の発表会も大成功に終わりました。発表会に参加した2年生は,今回の発表を上回る内容の課題研究を是非,来年度は行ってもらいたいと思います。
 

 
3年生の生徒2名の司会で発表会は始まりました。最初に校長の挨拶です。
研究発表です。

Top Page