陸上部郷原有佑悠選手,中国大会で6位入賞
インターハイ出場を決める!

6月18日(土)
  6月17日(金)〜19日(日)にシティライトスタジアム(岡山県総合グラウンド陸上競技場)で開催された第69回中国高等学校陸上対抗選手権大会の女子円盤投げで,本校の陸上競技部3年生の郷原有佑悠選手は6位入賞を果たし,インターハイ出場を決めました。
  18日(土)に行われた女子円盤投げに出場した郷原選手は,3投目で34m53cmの記録を出し,全選手が3投目が終わった時点で4位につけました。4投目以降順位を落としましたが,インターハイ出場ラインの6位に最後まで踏みとどまり,見事インターハイ出場を決めました。これで明高陸上部としては,4年連続でインターハイ出場という快挙となりました。
  なお,今夏のインターハイ「2016 情熱疾走 中国総体」は7月28日(木)に開幕し,郷原選手の出場する女子円盤投げは7月31日(日)にシティライトスタジアム(岡山県総合グラウンド陸上競技場)で行われる予定です。郷原選手の健闘を期待します。




3投目を投げる郷原有佑悠選手です。
女子円盤投げの最終結果です。6位に郷原選手の名前が見えます。
会場で記念写真を撮りました。