バドミントン部,県総体でベスト8進出
中国大会出場を決める!

6月3日(土)〜6月4日(日)
  6月3日(土)〜6月4日(日)に広島市安佐南区スポーツセンター・広島城北高等学校で行われた第70回広島県高等学校総合体育大会バドミントン男子学校対抗戦において,明高バドミントン部は見事ベスト8進出を果たし,中国大会出場を決めました。
  久原椋選手,井上周選手,妹尾武浩選手,守安汰一選手,岡ア政達選手,橋本夏苑選手,坪山知寛選手の7選手からなる明高男子バドミントン部の学校対抗戦メンバーは,1回戦に三原高校,2回戦は五日市高校,そして3回戦は広陵高校に勝利し,見事ベスト8に進出しました。残念ながら準々決勝は第1シードの広島城北高校に惜敗しましたが,ベスト8進出で中国大会への出場権を獲得しました。
  中国大会は,今月23日(金)〜25日(日)に廿日市市スポーツセンター(23・24日)・広島サンプラザ(25日)において行われる予定です。男子バドミントン部の選手たちには,是非上位入賞をめざして健闘してもらいたいと思います。
 



           県総体終了後,記念写真を撮りました。